TOTO東京センターショールームへ行ってきました~ユニットバス編~

何だかお久しぶりな感じです。

仕事柄、稀ではありますが徹夜が続くこともありまして。

 

今回は出張も兼ねており、仕事以外することもない状況下であったため、本日付で12連勤目なんですが時間だけでいうと180時間ほど働いておりました。。笑

 

そうなるともう何もできないというか、ブログなんて尚更書けず。

 

ただ、ようやく無事乗り切ることができたので、下書きレベルで溜まってるブログを仕上げ少しずつ更新していこうかと思います

 

ショールームへ足を運んだのは3週間前のことですが、今回はユニットバス編について。

そして何回も使い回されるフロア案内表…

 

本題に入ります。

今回「え?ユニットバス?」と思われた方、私のブログに目を通している証拠ですね。

 

素敵ポイント5を贈呈させて頂きます。

 

今まで私は「造作バス!」と意気込んではみたものの。

 

現時点だと造作バスにするかユニットバスにするかという永遠のテーマで悩んでいまして。

 

以前少し書きました、スピリチュアルモードのオリゾンテを見たとき「ユニットバスはこれで決定!」となり、セラトレーディングのショールームへ行ったときには「これは造作バス一択だわ」と思い、TOTOのショールームへ足を運んだ時に「これはユニットバスかもしれない」と心が揺れました。

 

ちなみにオリゾンテは費用的に見送ることになりました…
見た目は本当に好きですが、浴室だけに100万円もかけてしまうと予算オーバーする見込みだとのこと。

 

家作りは選択肢の連続なので、優柔不断な方は私と同じで苦労しているんじゃないでしょうか。

 

はい。

ちなみにユニットバスめっちゃええやん!と一番心を揺さぶったのは「ほっカラリ床」でした。

 

家系ブログの方でTOTOのユニットバスを採用されている方は多く、記事内でもほっカラリ床は特に「踏み心地がいい」、「掃除が楽(床ワイパー)」と紹介されている方が多いと思いました。

 

やっぱり使用している方々の意見というのは大変参考になります。

TOTOのユニットバスを採用している方々に、このほっカラリ床の素晴らしさを紹介させて頂く機会を得たので、いずれ記事として紹介したいと思います。笑
(私のブログは内容が浅いので、紹介したくても中々…ね)

 

私はショールームで10秒程度しかほっカラリ床を踏んでいない初心者ですが、これが本当に柔らかいんですよ。

 

綿菓子のようなー…すみません言い過ぎました。

 

実家も、今住んでいるアパートも浴室の床は固いです。
特に気にするでもなく、普通の浴室の床です。

 

その常識を覆したのが「ほっカラリ床」

スーパーアルティメットエターナルソフトフロアと改名したほうがいいと思います。

 

 

ちなみにショールームのユニットバスには全て「ほっカラリ床」が、それぞれのカラーバリエーションで展示されていました。(少しだけ紹介)

画像はシンラとよばれるタイプのユニットバスですね。

1624号のオプション盛り盛りギガMAXにすると採用を見送るレベル(テレビ高すぎ)になりますが、

ほっカラリ床もオプションの1つみたいですね。

TOTOのユニットバスを採用する場合、これだけは外せないなぁーと思いました。

 

ショールームでは各オプションの体験コーナー的なのもありました。

写真では奇跡的に人がはけていますが、人の多さとTOTOのアドバイザーの方が優先的に見れるようになっているため、あまり見ることができず…
(左から「床ワイパー」、「楽湯」、「打たせ湯」文字見えねえ)

 

浴室の床って3,4日何もしていないとピンクカビが確認できてしまいますが、この床ワイパー洗浄機能を使えば1か月レベル何もしなくても大丈夫と紹介されてる方も多く、「まじかよやべえな」ってのが感想です。(浅)

 

「ほっカラリ床」+「床ワイパー」

まさに鬼に金棒

徹夜にストゼロ

 

あと気になったのは「つながる快適セット

 

最近よく、スマホから家電の操作ができる製品も耳にすることはありますが、これもか!と。

 

帰路中、生意気にも「1番風呂で決めてえぜ!」と考えることも少なくはありません。

と書いていますが、今は妻と2人で暮らしているので50%の確率で1番風呂です。笑

 

家に着く20分前くらいからスマホで予約し、家に着いたと同時に沸きあったお風呂に。

 

…それがかなうってどうかしてるぜ。

 

ユニットバスか造作バスにするか決めるのはもう少し先なので、悩みに悩もうかと思います。

 

次回はTformのショールームに見学した時のことを記事にしようと思います。(殴り書きのメモがあるので、明日~明後日には更新します)

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です