セラトレーディングのショールームへ行ってきました

念願のショールーム巡り…

 

アイキャッチ画像のピントバグってるのは気にしないで下さい

 

今回の目的ですが “造作バスに必要なものを確認“するためです。

 

以前のユニットバスについての記事でも触れたのですが、
建築士の方に「造作バスでもいけますよ」と打診はあったものの、当時は「ふぅん」程度で…

 

ただ、調べていくうちに造作バスに興味を持ちまして。

 

元々必要最低限の超ドシンプルな浴室を希望としているため、造作のほうがスマートに落ち着くのではないかと。

 

ピンキリではありますが、選ぶ製品によってはユニットバス並の費用で造作できるとのこと◎

 

そこからはネットでバスタブについて調べていましたが、
個人的に気になっているメーカーは以下となっております。

 

  • KALDEWEI(カルデバイ)
  • FONTE TRADING(フォンテトレーディング)
  • CERA TRADING(セラトレーディング)

 

というより大手のTOTOやLIXILはバスタブのだけの販売があまりなく、
どうしても海外メーカーに依存することになってしまいますね。

 

いずれ上記のショールームへは行こうと考えていますが、今回は取り合えず予約も不要なセラトレーディングに決めました。

 

そもそもセラトレーディングとはTOTOのグループ会社ですね。

(実家のような安心感…)

 

 

ヨーロッパを中心に主に水回りの商品の展開を行っているとか。

 

場所は乃木坂駅から徒歩で1分ほどです。

(行ったのは土曜日ですが、日曜日は完全予約制とのこと)

 

 

とは言いつつ、土曜日の13時~14時の間滞在していましたが、私たち夫婦を除くお客さんは0。

貸し切り状態でした。

 

バスタブは最低価格でも24万~でした。
(画像暗…)

 

 

事前に確認しましたが、建築士の方曰く
セラトレーディングはほぼ定価と思ってくださいとのこと…!

 

正直バスタブの相場って分かりませんが、多分高いんだろうなぁと。笑

 

また、素材は基本”アクリル”だそうで、以下のメリットがあると説明をして頂きました。

 

  • 傷や汚れがつきにくい
  • 雑菌の繁殖を抑えてくれる
  • 耐久性、耐候性に優れている

 

確かに今住んでいるアパートのバスタブ(FRP)よりは質感が全然違うなと。

 

バスタブによっては給湯器が付けれず、画像の通り水栓をつけて湯を貯めることにもなりますと。

 

…給湯器は必須かなぁ。

 

また、サイズは個人的にW1400あれば十分だと思いました◎

 

その後はシャワーを見ました。

 

写真で載せてるのは全体の1/6くらいです。

 

 

海外メーカーは見た目重視なのか、ボタンやレバーの設定が分からないのが難点です。笑

 

視覚情報から何も得られないというか…

 

左に180度回した後にレインシャワーに切り替えとか、慣れれば感覚で覚えられますが、
初めて利用する場合確実に戸惑うだろうなぁ…

 

私はレインシャワーに一目ぼれしたので、是非つけたい!と思いましたが、妻からは「要らんでしょ」と一蹴されてしまいました。

 

値段的にもレインシャワーは20万~と高いので、見送ることになるとは思いますが、、苦笑

 

個人的にいいな!と思ったのがこの小さいシャワー。

 

 

Volaシリーズと呼ばれるシャワーです。
(型番:VL070RMS)

 

とても軽くて小さいのがよかったのと、水の勢いも◎

 

カタログを見る限り台座とハンドルとシャワーで9万ほどでしょうか。

(温度調整どうやるんだ?)

 

今のところ第1候補です。

 

その後は時間もあったので色々と見て回りました。

 

TOTOの新作のトイレみたいですが、ボタンとトイレットペーパーが一体型となったり…

こちらもVolaシリーズのポップな水栓。

値段はポップじゃないです

ハンドル部分をカスタマイズできたり…

 

とにかく刺激を受けました。

 

10月にも何か所か見て回る予定なので、そのときはまたブログに書こうかなと。

 

 

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です