TOTO東京センターショールームへ行ってきました~トイレ編~

前回のキッチンからの続きでトイレ編です。

前回の記事は以下を。

 

8Fに行けばユニットバス・トイレ・洗面と見学できます。

 

我が家は1Fと3Fにトイレを設ける想定でいます。

 

お願いする設計事務所ではトイレに関しても「なんでもいいですよー」と。

 

かっこいいの見つけたるわ!!と意気込んでみまして。

 

このように壁掛けで見た目が真四角なトイレであったり。

同じく壁掛けで、見た目がスタイリッシュなトイレ。

 

どちらもCATALANOというイタリアのサニタリーメーカーではあるのですが、

 

…ウォッシュレットがないんですよね。

それ相応の安さではあるのですが、ウォッシュレットなしは考えられないので諦めることに。

 

こちらはDURAVITというドイツのメーカーのトイレです。

ウォッシュレット付きで壁掛けで、デザインも良し。

ただ、50万円前後はするのかと。

こんな感じでボタンのデザインも良し。

 

ただ、1つのトイレに50万円以上かけると確実に予算オーバーしてしまいます。

どのくらい割引率が高いのかも分からないので、海外メーカーは一旦保留で。

一応上記のいずれのトイレも麻布にあるTformというショールームへ行けば見学可能みたいです◎

 

造作バスの見学の際にTformには行く予定だったので、実物を見てきます。

 

 

と長くなりましたが、TOTOのトイレを見学に。

このような感じでずらーっと並んでいたり、

モデルとして見学できたり、イメージが湧きやすく良かったです。

 

ウォッシュレットは標準だとして、デザイン云々よりタンクレスなのかどうかというところで考えた方がよさそうですね。

 

タンクレストイレのメリットは節水効果とスタイリッシュ

デメリットは手洗いが別に必要になることと、ウォッシュレット部分の交換ができないので、壊れたら総取り換えになるところでしょうか。

 

種類が多く、選べずに迷っていたら

 

ボタンのデザインで決めてる方も多いですよ

 

とアドバイスを受けました。

 

さきほどのDURAVITのようなボタンは確かに良かったなと。

 

 

あったんですよ、このくらいハイテクでかっちょいいのが…!

 

ただ、確かネオレストのハイモデルで、採用するとなると予算オーバー確定とのことで諦めました。。苦笑

 

最終的に決まりそうなのがGG

 

 

 

決め手は値段の安さと、シンプルでよかったなと。

色も選べるとのことですが、ホワイトに。

 

3Fのトイレも同じでいいかなーと。

 

トイレットペーパーホルダーやタオル掛けもずらーっとありましたが、建築士の方は「高いので施主支給でいいと思います」と。

 

ネットで調べればたくさんでてくるので、色々調べてみようかと思います。

 

取り合えずGGを候補として、ほかのショールームを回って判断してみます。

 

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です